老後2000万問題について思うこと

2000万必要
人生100年時代

人生100年時代と言われる超長寿社会を踏まえると、公的年金とは他に「老後資金2000万円(を貯蓄から取り崩すこと)が必要」とのこと。

定年はまだ先の世代にとって不安になりますね。しかし高齢化社会が拍車をかけていくだろう今後、年金を払う世代ともらう世代のバランスがますます崩れ本当に年金なんかもらえるの?

とっくに期待してない人も多いのではないでしょうか。僕もその1人です。

とりあえずそれなりの企業に勤めて、年功序列により勤務年数ごとに給与が上がり、そして終身雇用により定年まで。残念ながら現代でそのように中々うまくいきませんね。だからしっかり毎月貯金が簡単にできる時代でなくなってきました。

そもそもその2000万不足という計算とは?

一般的な老後の夫婦2人の毎月の平均的な実支出が月26.4万円なのに対し、ほぼ年金である実収入は20.9万円程であるようです。つまり毎月5万円以上不足が生じており年間60万円。老後30年以上生きる想定でおよそ2000万足らなくなるようです。結局どう生活するかですよね。より質素な生活をすれば年金だけで足りるかもしですし、逆により裕福な生活したければ足らなくなりますしね。

数十年先に今の若い世代、僕も35歳なのでそこそこ先となりますが、そもそも夫婦で年金を毎月20万ももらえるのでしょうか。

国としては、年金破綻は生活保護者の増加につながり、それは更に負担が増加することになると考え、何としても年金システムは破綻させないのではないでしょうか。ただし、受給開始年齢の高齢化と需給額の減少はありえるかもしれませんね。。

どうなるかわからない将来に不安ばかりになっても現在を楽しめませんが、何もしない方が寧ろ高リスクと僕は思います。

なので、投資を学んだり、転売を学んだりしてます。色々やって自分にあったものを探しましょう。人生はゲーム!サラリーマンすることがすべてじゃありません。独身の僕が言っても、独身だからできるんだよと思われるかもしれませんが。。。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です