引きこもりの悩み

引きこもりの悩み

貴方は引きこもりで悩んでおられますでしょうか。
私はなんとか現在社会人を続けておりますが、完全にインドア派で、仕事以外ではあまり外出しません。
自宅にいることが心地良いからです。その分平日毎日身支度して会社行くの苦痛に感じます。
もし仕事していなかったら、毎日引きこもり生活となるかもしれません。

自分は周囲から蔑んだ目で見られてると不安になることもあります。まわりの目を気にしちゃいますよね。なので、私は何とか自分を変えようと休日、頻繁に外出を試みたことが何度かあります。中途半端に顔見知り程度の知人の飲みイベントに参加したり、会社のフットサルサークルに参加したりしました。でもこの行動は自分の意志に反しており居心地悪く続きませんでした。。笑

でも悩む必要などないですよ!

これを読んで悩むことはやめましょう。

引きこもりの原因とデメリット

何故引きこもりになるのか?

引きこもりの理由をいくつか挙げてみます。

・対人恐怖症
・過去のトラウマ(いじめ等)
・外出理由がない
・自宅(自分の居場所)LOVE
・失恋
等々あると思いますが、いかがでしょうか。因みに私は自称ですが、対人恐怖症です。高校時代いじめにもあってましたし。

引きこもりのデメリット

・婚期が遅れるかも?(独身の方)
・入ってくる情報量の低下
・自己嫌悪になり気分が憂鬱になりがち
・電気代がかかる
と思いつくものあげてみました。
私のケースでいいますと、冬は休日ずっと暖房入れっぱなしにするので電気代は多少上がりました。
(暖房費用をケチって病気になり余計な医療費がかかるより良いと考えてます。)

この原因やデメリットって悪いことですか??
自分の気持ちの持ち方次第で良くも悪くもなりそうですよね。

引きこもりとうまく付き合う

さて、ここまで引きこもりによる【ネガティブ】な部分を中心にあげてきましたが、もちろんメリットもあります。

引きこもりのメリット

引きこもりによるメリットを幾つか挙げてみます。

・人間関係によるストレスの回避
・体調崩しにくい
・自分の自由な時間が増える
・紫外線防止(昨今男女問わず美意識があがっておりますし)
・親と過ごす時間が増える(実家暮らしの場合)
・ネットビジネスに適してる
結構【ポジティブ】な部分も多いです。

人間関係によるストレスの回避
ここが一番大きいと私は思います。自分が本当に心許せる親友であれば一緒にいてストレスはないですが、嫌な人とは無理して会ってまでストレスためたくないですね。

体調を崩しにくい
人と接触することが減少し、感染などによる病気の確立は下げるでしょう。

自由な時間が増える
趣味に没頭する時間が増えます。のんびりテレビを見たり、インターネットを使えば十分楽しく過ごせます。

紫外線防止(昨今男女問わず美意識があがっておりますし)
家にいれば、浴びすぎると老化の原因となる紫外線防止になります。

親と過ごす時間が増える(実家暮らしの場合)
私は一人暮らしですが、実家で引きこもりの場合、親と会話する時間は増えますね。
私は2020年現在35歳ですが、年々親との時間が貴重になってきてること実感します。
親と過ごす時間が増えることは素敵なことだと思います。

ネットビジネスに適してる
今や家から一歩も出ずともお金を稼げる時代となってます。アフィリエイト、転売又はクラウドソーシングサービスを利用して仕事を受注することも可能となりました。
私は副業レベルですが輸出転売ビジネスをしており、ネットで仕入れ~販売~発送(外注)まで完結しております。本当稼ぎは微々たるものなので、リーマンは辞められず。。
多少外出必要な時がありますが、ほぼ自宅内で完結です。食事や日用品の買い物もネットで完結。本当便利な時代になったものです。

デメリットの発想転換

・婚期が遅れるかも?(独身の方)→1人を楽しむ。結婚=幸せとは言えないでしょうし全く焦る必要なし。
・入ってくる情報量の低下→ネットから収集できる
・自己嫌悪になり気分が憂鬱になりがち→気分転換程度に無理なく外出
・電気代がかかる→外出での出費や、嫌いな人との娯楽費の方が高くつく
といった具合に楽観的に考えることが精神衛生上良いですし、それが自分を幸せにするでしょう。

相田みつをさんの言葉【しあわせはいつもじぶんのこころがきめる】本当にその通りだと思います。

まとめ

ここまで、引きこもることはメリット、デメリット両方あるが引きこもる=悪ではなく、引きこもることを深刻に考える必要などないことを説明してきました。
楽韓的に捉えましょう。そして、自分の基軸を楽しくすれば、人生全体がより楽しくなるはずです。
従って、引きこもりライフを楽しむことができれば、たまの外出時や人と会った時も楽しめるようになるでしょう。

基本引きこもりで、たまの外出も楽しむ。そんな引きこもりライフを楽しんでみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です